医療事故の対応

もし医療事故がおきたら

病気によるものや、美容整形によるものなど、手術と呼ばれるものは、さまざまな理由で受けることになり、治療内容によりあらゆる形式があります。しかし、疾患を取り除くためや、綺麗になりたいという、良い目的であれ、自身の身体へメスを入れることに変わりはありません。それゆえ、手術にはそれなりのリスクはつきものであると考えられます。 もし、万が一、医療事故に巻き込まれたら、どうするべきか考えても、個人ではなかなか検討もつかないことだと思われます。 また、個人が下手に診療を受けた医師やクリニックに感情的になったところで、医師やクリニック側がいろいろな医療用語を使って、のらりくらりと突っぱねるのが関の山であると言えます。またそれにより、最悪な場合は、カルテを改ざんされるなど、深刻な事態も招きかねません。

弁護士は誰でもいいわけではありません

医療事故が起きた場合、大抵の方なら弁護士への相談を思い浮かべると思います。しかし、この医療事故という案件について、取り扱ったことのある弁護士というのは、全国でもごくわずかで、例えばご自宅の近くにある弁護士事務所に駆け込んだとしても、「専門ではないので、弁護が難しい」と、断られることもしばしばです。断られるというのも当然で、訴訟となると複雑な医療用語が法廷で飛び交い、例え弁護士であろうとも、ちゃんとした医学的知識がなければ、患者である原告の弁護など務まりません。 もしも医療事故が起きた場合には、医療事故を専門に扱っている機関などへの相談を強くおすすめします。こういったところでは、親身になって相談を受けてくれるだけでなく、医療事故専門の弁護士なども紹介してくれます。

手術は医療事故のリスクがつきものです

突然の病気や事故、または気になっていた容姿の整形などで、手術を受けられる方は今日この日でもおられるかと思います。手術を受けられる以上、どんな事情に関わらず、人それぞれが今より何かを良くする目的があって、執刀されるものだと思われます。しかし、どんな手術であろうとも、身体を傷めて執り行うものですから、場合によっては、考えたくもありませんが、医療事故の危険はあります。手術以外でも、医師から処方された薬が悪く、薬害による医療事故も沢山の件数が報告されています。 いくら医療事故と疑ってみても、個人やその家族が医療事故の起こった後にどう対応するかは、極めて難しいことなのではないのでしょうか。医療行為を受けた病院に問い合わせたところで、けんもほろろに突き返されたりするだけでなく、事実の隠ぺいが行われたりする場合もあります。

弁護士はこういう事例に弱い人が多い

医療事故が起きて、患者やその家族である人は、真実を知りたいがゆえ、法廷の場で明らかにしようかと思われるかと思いますが、原告である患者側の弁護士が誰でもいいというわけではありません。訴訟となった場合、法廷では多種多様な医学用語が交わされます。専門ではない弁護士は大抵の場合、そういった弁護を敬遠したがるものです。よって、近くの弁護士事務所に相談をされても、断られるケースがほとんどだと思われます。 こうした医療事故の相談というのは、医療事故を専門に扱うさまざまな機関がありますので、まずはそちらへの相談が解決に向けての第一歩となるかと思います。そういったところでは、相談だけでなく、医療事故専門の弁護士の紹介もしているので、裁判となったときに非常に心強いです。

Menu