相談から始めよう

医療事故の疑いはありませんか。弁護士に相談しましょう。

医療事故が起きた場合、担当医から説明があるものです。しかし、必ずしも担当医から適切な説明を受けられるとは限りません。医療事故の疑いがあれば、第三者に相談することが必要となります。法律のプロである弁護士に是非ご相談ください。そもそも医療事故はなぜ起こるのでしょう。医療チームのメンバーの注意力不足、経験不足、勉強不足によることが多いようです。治療経過などをカルテに記載することは、法律で義務づけられています。このように法律で定められていることを弁護士は知り尽くしています。患者の立場では原因などを追求しづらいことも、弁護士なら冷静に病院側から探りだせることもあります。ですので、医療事故の疑いを感じたら、まずは弁護士にご相談ください。

悩んでいても始まらない。相談しましょう。

医療事故の疑いがあり、相談する場合、あなたはどのように弁護士を選びますか。知り合いのなかに信頼できる弁護士がいれば、その方にお願いするのも良いでしょう。もしいなかったとしても、過去に医療事故に関する訴訟での実績がある弁護士に依頼できれば心強いでしょう。調べる方法は、色々あるので、ご自分に合う弁護士を探しましょう。ご存知のように、弁護士にも得意分野というものがあります。そのため、しっかりと医療事故に関する内容をよく知っている弁護士を探しましょう。次に、相談・交渉して、納得できるまで話し合い、病院側と戦える体制を整えることです。そもそも医療事故ではない可能性もあるので、そもそも見極めも必要となってきます。裁判が長引くと、金銭的にも負担がかかり、精神的にも体力的にも消耗すると思われます。あとで後悔しない弁護士選びが大切です。