医療事故と証拠

万が一医療事故に巻き込まれた場合には

病気の治療や、美容の目的で手術される方は結構います。手術に限らず、それらの目的で、医師から薬などの処方を受けられている方は、何かしらの副作用がある状態なのがほとんどです。いずれにしても、身体にダメージを与えた上で症状や、身体の気になる箇所の改善を図るというものなので、それなりのリスクは伴うというものです。 手術や薬が原因の医療事故というのは、あってはならないとはいえ、沢山の報告事例があります。もしも、この医療事故に巻き込まれ場合、個人で動かれて問題の解決をするとなると、容易ではないことは想像にかたくないと思います。カルテの表示は医師の専権事項です。例え、相手が患者であろうとも、彼らはそれをなかなか見せてはくれないものです。ましてや医療事故となれば、証拠を見せてもらうのは困難を極めるでしょう。

弁護士は決して万能ではない

医療事故だと思われた方は、裁判にて真相を明らかにしたいと考えるものです。その際、まずは弁護士への相談から行動されると思いますが、普通の人なら弁護士というのは、どんな案件でも対応してくれるものだと思いがちですが、弁護士といえども人間です。人間にはそれぞれに得意、不得意があって、弁護士という職業にも、依頼される訴訟の内容で得意、不得意があります。医療事故における裁判というのは、法廷でさまざまな医療用語を使ったやり取りが行われます。ゆえに、弁護士であれ、十分な医療の知識がなければ、対応するのが難しく、その数もかなり限られてきます。 医療事故を疑われたら、最初に医療事故を専門に扱った機関に問い合わせましょう。相談だけでなく、医療事故の専門の弁護士にも繋いでくれます。

医療事故に遭遇した時の対処について

家族や自分自身が医療事故となり損害を被ってしまった場合には早急に弁護士に相談することが大切となります。 医療事故の場合は、体に後遺症が残ってしまうこともあれば、大切な家族を失ってしまうという事故もあります。被害者の悲しみは深いものとなってしまうのです。 医療事故で弁護士を探す場合には、医療に詳しい人を見つけることが一番となります。 また、裁判にまで持ち込むには被害者である患者側は、治療に至るまでの医師や看護師の説明、治療の時にどのようであったかなどメモをとるようにします。ICレコーダーなどで録音してもいいのです。後から言った、言わないなど証拠隠滅になることもなければ、重要な証拠にもなるのです。 医療事故になってしまうと、患者側にしてみれば納得のいく説明がほしいと思うのは当然のことなのです。

弁護士に早急に相談しよう

医療事故で後遺症が残ってしまい生活に支障が出た場合や大事な家族を手術で失ってしまった場合には、早急に弁護士に相談することが大切となります。医療事故に詳しく実績のある弁護士に依頼するとよいでしょう。 また、裁判になった場合には、民事訴訟と違って時間がかかってしまうことが考えられます。病院側としては、裁判にされて病院の評判を落としてしまうよりもできれば示談にしたいと持ちかけてくる場合があります。 裁判にするか示談にするかは、被害者次第となります。しかし、被害者の中にはこの医療事故がなぜ起こってしまったのか究明したいという気持ちが強いために、示談よりも時間がかかってもいいから、裁判を行いたいという人が多いのです。 特に、大事な家族を医療事故で失った人にしてみればなおさらなのです。