事故の対処

事故が起こった場合の対処方法について

医療事故とは、医療の全過程においてまれに発生する人為的な事故である。その被害者は患者ばかりではなく医療従事者にも起こりうる。 医療事故を防ぐため、各医療機関では様々な対策を講じているが、それにも関わらず、医療機器の取り扱いミスや薬剤の投与ミスなどにより医療事故が発生してしまうことがある。家族はたいてい医療に詳しいわけではないので、病院側の説明を聞くしかないのだが、少しでもおかしいと感じた場合、そのままにせず、医療事故に詳しい弁護士に調査を依頼し、真実を知る権利がある。 病院側の説明と弁護士の調査内容が異なっており、病院側が病院にとって不利益な事実を隠していたりしていた場合は、弁護士の協力を得て、医療機関にはしかるべき対応を求めるようにしよう。

事故が疑われた場合に何をするか

第一に正しい診療経過の記録を作成することが重要である。医師等の説明でわかりにくいことはわかるまで再度質問し理解しておく。 そうすると、疑問点が多少なりとも出てくるので、その点について医師にさらに詳しい説明を求める。 また、問題が起こってから病院側がカルテの改ざんや隠ぺい等ができないよう、事前に証拠保全の手続きをとっておくとよい。 医療機関側に過失があったことにより、示談交渉になったとしても相手方が非を認めず争う姿勢を示したときは、裁判になる。こうした裁判では、医学に詳しく医療事故の相談や裁判を多数手掛けている弁護士に依頼する。腕の良い弁護士を探すのは、同じく腕の良い医者を探すのよりも難しいかもしれない。インターネットや口コミ、各地の弁護士会などでさまざまな情報を仕入れ、じっくり検討することが大切である。